歯科医師とは?

歯科医師は、歯学に基づいて傷病の予防、診断および治療、そして公衆衛生の普及を責務とする医療従事者です。日本において、その職務等に関しては、歯科医師法により規定されている業務独占資格および名称独占資格の医療資格です。

①歯科医師の任務・定義・義務

1)歯科医師の任務  (歯科医師法第1条  昭和23年7月30日施行)
歯科医師は、歯科医療及び保健指導を掌ることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

2)歯科医師の法的定義  (歯科医学大事典  1989)
厚生大臣の免許(歯科医師免許)を取得して歯科医業を行う者(行うことの出来る者も含む)であり、歯科医療及び保健指導をつかさどることにより、公衆衛生の向上・増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する任務を担っている者である。

3)歯科医師の定義  (国際歯科連盟  1969)
歯・顎・口腔の疾病・奇形・傷害を予防し、診断し、治療し、失われた歯と関連する組織を代わりの物で補うという医療行為を行う医師のことを言う。

4)歯科医師法に定められている歯科医師の義務
1.療養指導義務 2.応召義務 3.診断書の交付義務 4.無診療治療の禁止 5.処方箋の交付義務 6.歯科医師の現状届 7.診療録の記載及び保存義務

②歯科医師の業務

歯科医師は歯の治療、保健指導、健康管理などをします。治療については、むし歯の処置や入れ歯・詰め物・冠・差し歯などの製作と装着、歯並びの矯正、抜歯やインプラントなどの外科的治療に加えて口腔領域の良・悪性腫瘍も対象となります。

Tag:
歯科医師とは?|user|2011年10月24日